独立・起業・開業や資産の運用に塾経営 豊富な実績と経験を持つ関塾が成功へ導きます!学習教室のフランチャイズ
Dr.関塾〜独立起業・多角経営をお考えの方へ〜完全個別学習塾 塾 フランチャイズ経営者募集 学習塾経営を検討されている方に今なら市場調査報告書を無料でお作りします。 (フリーダイヤル:0120-78-4119)
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町3-4-30 船場グランドビル六階
HOME会社案内沿革と歴史営業所一覧カタログ請求相談・お問い合せプライバシーポリシーサイトマップ
Home >> 塾頭の声

経営と地域貢献を両立できる新しいビジネスのやり方 Dr.関塾が私を変えました!
 
塾頭の声
 
Dr.関塾 宇都宮雀の宮校

人の輪がつなぐ“地域循環型”の塾へ

 のどかな郊外の街に看板を掲げ、1年を経たDr.関塾宇都宮雀の宮校。
開校から半年で、平成28年度春期生徒募集キャンペーンで全国2位に輝くなど、順調なスタートを切った。
明るく快活な礒部塾頭を中心に、教室長や講師とともにつくる理想の教室づくりとは?
Dr.関塾 宇都宮雀の宮校

運命の出会いとともに
 20代後半で住宅会社から独立後、長年にわたり建設・不動産業を営んできた礒部塾頭。自身について「自己完結型の人間。仕事は、自分一人で納得いくまでやりたいタイプです」と話す。そんな塾頭が塾経営を始めた理由は、「新しいことにチャレンジしたい。そして、人の輪の中で、人が成長する姿を見ていたい」と考えたからだという。
人に任せるのが苦手な塾頭が「この人なら」と教室運営を一任するのが、早川教室長だ。塾頭にとって、教室長との出会いはまさに“運命”。一方の教室長は「講師や生徒をはじめ、塾頭には人を引き寄せる何かがあります。信頼して任せてもらえるからこそ、チャレンジができる」と語る。運命の出会いとともに、塾頭と教室長の挑戦が始まった。

講師こそ一番の自慢
 「どの講師も良いお兄さん、お姉さんとして、生徒の気持ちをキャッチすることに長けています。講師がうちの自慢。これは胸を張って言えます」と誇らしげに語る。近隣に大学がないため、学生講師を集めるのは容易ではない。塾頭も教室長も、講師をそろえるべく知り合いのもとへと奔走した。
 「学習塾での講師経験がない大学生でも、豊富な経験を積んだ教室長の指導のもと、驚くほど成長しました。安易な指導では生徒や保護者にすぐ見抜かれてしまう。開校からわずか一年半で、保護者から成績がアップした、学習習慣が身についたなどお褒めの言葉を多数いただいたことは、講師自身の責任感と志の高さだと思います」と塾頭。
 講師の指導を担う教室長が「キーとなる1、2人が育つと、今度は彼らを中心に講師同士が自然と高めあって育ってくれるもの」と話すように、今では講師たちが率先して意見共有のための講師会を開催するほどだ。最初に講師と時間をかけて向き合い関係を築いたからこそ、日々の授業に対する指導も行き届いている。
 Dr.関塾は生徒指導に対して担任制としているため、講師は生徒から信頼されなければならない。生徒の個性、性格を深く理解したうえで指導しなければ、信頼される講師にはなれない。学生講師のほとんどは地元に住んでおり、生徒たちの先輩にあたるため、生徒や保護者の安心感も上がる。さらに校門前配布でも、母校に行かせることで学校側からの信頼を得ることができる。
 地元の学生講師は、急な交替にも対応してもらいやすいなどのメリットがあるだけでなく、教室の基盤にもなり得ると考えている。「のんびりとした田舎町の強みを生かし、コンパクトで良質なネットワークを広げることで、“地域循環型の塾をつくる”。これが理想です。生徒が成長して講師として帰ってきてくれたり、生徒の兄弟が入塾したり。近隣の他塾も『共に地域を活性しよう』という共通の思いを持っています」と塾頭。理想を持って前進できるのは、教室長がきちんと塾頭の思いを消化し、現実的に考え、試行錯誤してくれるからだと言う。
「二人で車の両輪だと思っています。あきらめたらそこで終わり。成功するまで続ける。これが私のポリシーです」。

ポスティングと口コミで得た初めての手応え
 一方、生徒募集については、口コミによる入塾希望者が着実に増えている。ポイントとなったのは、近隣の家庭へのポスティング。配布の際には「近所の学習塾です。よろしくお願いします」と声をかけている。お年寄りから「この近辺は子どもがいないから、あっちの方がいい」などとアドバイスをいただくことも。「単なる生徒集めの売込みと思われていない、丁寧な対応に感謝」と教室長。チラシの折り方一つにも気配りが行き届いている。「仕事の善し悪しを決めるのは、やはり気持ち。目には見えないかもしれませんが、一生懸命配られたチラシからはその熱意が伝わるのではないでしょうか」と塾頭。
 もちろん、チラシも教室の質が伴わなければ効力は発揮しない。ちょうど開校から半年ほどたった春期生徒募集の時期に、このポスティングと口コミが相乗効果を見せた。チラシをきっかけに、友人などを通して評判を聞いて来校するケースが増加。「やっていけるかもしれない」と手応えを感じた。教室長や講師の努力によって、体験授業後の入塾率は8割近くに上り、本部が実施していた平成28年度春期生徒募集キャンペーンでは全国2位になった。

生徒の居場所をつくりたい
 現在の課題は、指導力の充実化。「講師の人数確保が難しいなかで、われわれ講師陣の個々の指導力強化と平準化は必須。質の高い安定した授業を提供できるノウハウやシステムの構築が必要だと考えています」と教室長は話す。
生徒の多くは親の意志で入塾するが、少しずつでも成績が上がる喜びが自信に変わり、表情に変化をもたらす。日々のあいさつや声かけを重ね、生徒の話にじっと耳を傾けているからこそ気づける変化だ。子どもたちの居場所になるような塾をつくること。それが塾頭、教室長共通の目標でもある。


時代の変化に対応できる柔軟な若者に

礒部 塾頭
Profile
 1957年、栃木県生まれ。中央大学卒業後、プレハブ住宅メーカーに就職。退職後、会社設立(建築不動産業)、行政書士・建築設計事務所を経てDr.関塾開校。

早川 教室長
Profile
 1958年、神奈川県生まれ。横浜国立大学卒業後、大手製造メーカーに就職。退職後、予備校・進学塾の講師を経験。地元の大手進学塾の専任講師を経て開校時より現職。

Message

  塾頭業務のかたわら、代々受け継いできた土地で米や野菜を育てています。「食べたいもの、良いものを必要なだけ作る」をモットーに、今年は完全無農薬に挑戦。低農薬で育てるより出来は悪いですが、無精者なのでちょうどいいかな(笑)。教室長や講師のみんなにもおすそ分けして、喜んでもらっています。私たちの親の時代は、白米のごはんを腹一杯食べることが夢でした。親戚の年配者たちは、メタボ体型の私に今でももっと食べろと言います。食糧不足の時代、飽食の時代を過ぎたら、どんな時代が来るのでしょう。どんな時代が来ても、柔軟に対応できる若者がこの塾から育ってくれたらと思います。

塾頭のこだわり 講師あってこその個別指導塾
 
 講師は現在15名。今年高校を卒業し、講師として指導してくれている元塾生もいる。「会社と同様、人間関係が大切」という教室長のもと、講師同士の交流も盛ん。

Dr.関塾 市川曽谷校

生徒・保護者双方の意識向上を目指す

 閑静な住宅街のなかに溶け込むDr.関塾市川曽谷校。
開校から2年目が過ぎ、生徒・保護者の意識改革に奮闘する中村塾頭と堀田教室長。
静かな熱意と闘志を持って、次のステップを目指すお二人にお話を伺った。

Dr.関塾 宇都宮雀の宮校

対話によるフォローで保護者の意識を引き上げる
 長年、接骨院をはじめ高齢者福祉に携わってきた中村塾頭。50歳を節目に新たな事業を志し、「塾講師のアルバイトをする息子の、生き生きと働く姿」がきっかけとなって塾経営を決めた。競合は市川駅周辺に特に集中しているが、教室周辺も宅地開発や建設が相次ぎ、人口と比例して個別指導の学習塾が増えつつあるという。
 一方で、地域的な特徴として「教育費は抑えたい」「塾に任せきり」という家庭が少なくない。開校時から教室運営を任されてきた堀田教室長は「受験について知らない方が多いので、入塾前のアプローチ方法としては“情報提供”が有効です。問題は、生活習慣そのものを正さなければならない家庭が多いこと。成績は日々の家庭学習の蓄積が反映されるということをわかってもらわなければなりません。関心が薄い方にいかに考えていただくか、これからの課題の一つでもあります」と語る。
 保護者との面談は年平均3回、定期的に実施する。また、生徒も講師も数ブロック内から通っており、保護者と道で話し込むことも珍しくない。まさに“地域密着型”のコミュニケーションで保護者の意識に働きかける。

何かに“こだわり”を持てる生徒を育てたい
  なかには、「時間通りに通塾する」ところから始めなければならない生徒もいる。そうした生徒の意識を引き上げるにはどうすればよいか。「自立できる生徒を育てたい。そのためには、何かに“こだわれる”ことが大切だと思っています。こだわりを持って目標を設定すること。そうすれば、一教科でも自信を持てるようになり、自立の一歩となります」と教室長は語る。
 一方で、自習に来る生徒が多いのも当教室の特徴だ。昨年は教室からあふれて入れない生徒がいたほど。積極的に開放していることが、「面倒見が良い」「よく子どもたちを見てくれている」という好評価につながっているようだ。
 生徒とのコミュニケーションは、日頃からとれているが、今後はさらに生徒一人ひとりと面談し、個々の課題をより明確に話す時間を増やすことで、保護者と生徒、双方の意識を高めたいと考えている。
 日々のコミュニケーションを任せる講師陣は、学生からベテランまで幅広い。教室長が新任講師に必ず伝えるのは「生徒の立ち居振る舞いまでよく見てください」ということ。あとは指導経験のなかで日々修正していく。
 フル稼働する教室長について、中村塾頭は「講師の皆さんよりも生徒一人ひとりを熟知してくれています。総じて優しい先生ばかりですから、あえて厳しくしているところもある。緊張感と緩和のバランスがとれていると思います」と信頼の厚さを伺わせる。

鍵は小学生!早期通塾の有効性をアピール
  生徒募集については順調に推移し、一年目のピーク時には80人を超えた。今年の目標は90人だ。2年目は「“新しい塾”という効果が生かせなくなり、比較、選択される側になる」という覚悟をもって募集方法やツールの見直しを図らなければならない。
 「鍵は間違いなく小学生の確保」と教室長。中学受験をするケースは少なく、補習目的で通塾する小学生も少ない。まずは兄弟姉妹や友人紹介を積極的に進める。兄弟のうちいずれかだけを通わせる家庭が多いが、ほかの兄弟が待機しているのは確かだとにらみ、情報収集と種まきをして機会を待つ。
 「時間をかけるべき取り組みとすぐに実践できることを整理し、いつどこで何にどれだけ投資するか、見極めながら取り組みたい」と塾頭。対して教室長は「小学生の取り込みには、イベントの実施などをきっかけとして、間口を広げていきたい。早期通塾が学習習慣を形成するのに有効であることを認識してもらいたい」と具体策を描く。

ニーズを掘り下げ飛躍への一手を練る
 今後の展開について、「個別指導は授業料が高いと思われがち。集合塾の要素も必要に応じて取り入れるなど、ニーズに応えたい」と教室長。面談でのフォローを大切に、地域性をより深く分析しながら、評価以上に“地域密着型”の塾を目指す。
 塾頭は「想像以上にシビアだと感じています。年間のスケジュール管理やコスト配分も含め、反省の繰り返しですね」と胸の内を語る。本当に試されるのは3年目。3年目を乗り越えるための対策を練り、3年目以降の飛躍を目指し、試行錯誤を重ねる。


中村 塾頭
Profile
1962年、千葉県生まれ。
1997年に市川で壮健接骨院・鍼灸院開業。2014年にDr.関塾開校、同年「珍しい乾麺」発売開始。。

堀田 教室長
Profile
1964年、長野県生まれ。
法政大学卒業後、教科書会社勤務。塾講師経験25年、集合塾の塾長を経て現在に至る。

塾頭&教室長のこだわり
面談ルームで情報発信
 入り口横の面談ルームはいわば教室の“顔”。学校関係の資料だけでなく、写真入りの講師紹介や手書きの教室だより、防災用のヘルメットなどをそろえている。

表から見えないところも清潔に!
 塾頭の手で整理整頓された教室内に加え、トイレもバリアフリーで清潔。講師用のロッカーも用意されている。気持ちよく学べて・働ける教室づくりへの塾頭の細やかな気遣いがそこここに。

市川曽谷校

Dr.関塾 市川曽谷校

周囲への感謝を原動力に理想の教室を追求

 活気ある商店街や古い家並みが残る京都市伏見区で、開校2年目を迎えたDr.関塾伏見東町校。
開校当初から、理想の教室像を明確に思い描いてきた山本塾頭。
サラリーマン時代に培った揺るぎない哲学を胸に、地道な一歩を積み重ねる山本塾頭を訪ねた。

Dr.関塾 伏見東町校


仕事を通じて地域に貢献したい

 「教えるという仕事には昔からどこかで興味を抱いていたんだと思います。娘と息子が教員の道へ進んだのをきっかけに、思いがけず眠っていた気持ちがよみがえりました」開校のきっかけについてこう語る山本塾頭。長年勤めた広告会社を退職後、まず始めたのがコンビニ経営だった。
 関塾から電話が掛かったのはその半年後。自分自身に通塾経験はなく、イメージがつかめなかった。しかし、仕事を選ぶ軸となる「なんのためにその仕事をするのか」「地域に貢献できる仕事か」を考えたとき、教育レベルを上げるという形で地域貢献できる塾経営については、答えが明白だった。
 京都市内でも、伏見区は教育熱が高いといわれている。個別指導塾も進出しているが、競合の多さは需要の高さを表す。コンビニ経営を終えた翌月、2015年7月に開校を迎えた。他塾が夏期講習会のチラシ合戦を展開するなかで、開校案内と生徒募集を始めたにもかかわらず、3ヶ月で約30人と順調に集まった。

目指すは生徒にとって“居心地のいい塾”
 順調なスタートを切ることができた要因は、教育熱心な土地柄だけではない。重要なのは、「どのような塾にしたいか」という塾頭の意志が明確であったこと。「分からないなりに、生徒の立場でどのような教室にしたいかを考えました。どちらかといえば勉強が苦手な子どもが、保護者の意思で通塾するケースが多い。成績UPには本人のやる気が何より不可欠です。そんな子どもが『あの塾なら行きたい』『あそこなら楽しい』と思える、あるいは保護者が『あそこなら子どもを預けてもいい』と思える塾。それはつまり“居心地のいい塾”なのではないか」という結論にたどり着いた。
 まず、コンビニで共に働いていた女性2名に、スタッフとして教室づくりを手伝ってもらおうと決めた。「彼女たちの接客がとても“自然体”で、お客さんにとって居心地のいい雰囲気をつくれる人だと思いました。実際、生徒の気持ちをつかみ、コミュニケーションをしっかりとってくれています。常に内助の功として支えてくれている妻とともに、彼女たちの力がなければとても無理でした」と塾頭。生徒たちも、知らず知らずのうちに“居心地の良さ”を感じとっているのだ。
 講師募集にも同様に、コンビニ経営で築いた人脈が大いに生かされている。「私は指導に関しては素人。講師には、『些細なことでも、できるだけほめてほしい』と伝え、やる気が自信につながるという方程式を実践してもらっています。ただし、通塾の目的はあくまで成績アップ。生徒指導カルテは詳細に読み込み、定期テストの結果から成績の推移は必ず確認します。いかに講師が努力していても、原因を改善できそうにないなら、講師変更もシビアに決断します」。

足で稼いだ人脈が鍵ミスマッチのない進路指導
  適材適所な人材配置で教室づくりを進めながら、全体を俯瞰する塾頭。自ら注力しているのが「ミスマッチのない進路指導」だ。京都の『中高進学研究会』が実施する私立公立両方の塾向け説明会に参加し、学校側との人脈づくりに奔走。中3生全員の志望校にコンタクトをとっている。サラリーマン時代、一日百件以上の客先を訪問し、足で稼いだ経験が生きているという。
 開校初年度の秋、中2の大半が不登校だったというある中3生が入塾。内申点は見込めない。そこで、地道に築いた人脈を駆使し、公立A高校の前期試験を受けられることになった。結果、作文と面接で合格。「夢みたい」と言って涙する母親に、自らももらい泣きした。
「志望校との人脈づくりだけで合格できるわけではありません。けれど、なんらかの道筋をつくることはできる。私には、生徒のためにできる限りの環境を整える責任がありますから

学習環境の充実を図り次のステージへ
  現在の課題は、中3生の割合が半数を占めていること。来年の春を見据えて、小学生や中1・2年生を増やす必要がある。さらに、手狭になった教室のスペース拡大も喫緊の課題だ。「ハード面が理由で、退塾してしまった生徒が一人いたんです。塾自体に問題はないが、以前より窮屈になったと。ハード面を整え、秋から冬、受験本番に向けての準備を進めています」と、次の課題解決に向けて意欲的に取り組む。
 スタッフ、講師をはじめ、絶えず周囲への感謝の言葉を忘れない塾頭。その気持ちを原動力に、「一度決めたらまず行動。失敗すれば軌道修正すればいい」の姿勢で、理想の教室づくりを目指し、挑戦を続ける。

今日を生かされていることに 感謝する

山本 塾頭
Profile
1955年、京都府生まれ。
大学卒業後、広告会社に入社し、長年にわたり営業担当として現場を回り営業部長を経験。コンビニ経営を経て、Dr.関塾を開業した。

Message

  「自分の力で生きているのではない。今日を生かされていることに感謝しろ」。これは、勤めていた広告会社の社長が常に口にしていた言葉。社訓として毎朝唱和してきました。私の座右の銘であり、立ち返るべき原点ですね。人は、一人では何もできません。妻をはじめ、スタッフや講師の支えで教室が成り立っており、生徒の笑顔で自分が頑張れている。帰り際に「お疲れさん」と声をかけたときに生徒が笑顔を見せてくれると、やっていてよかったと実感するんです。すべて周囲のおかげだと、日々実感して生きています。
 保護者、生徒、講師、スタッフの意見に耳を傾け、受け止めて反映させていくのが自分の役目です。周囲への感謝を忘れず、“居心地のいい塾”をどこまでも追求していけば、結果はついてくると思っています。

塾頭のこだわり “居心地のいい教室”は整理整頓から
 教室はコンパクトながら18席を確保。いつでも目に入るよう、壁には学校のポスターが並べられ、学校案内やオープンキャンパスのチラシなどもラックに設置。女性スタッフの皆さんが収納を工夫し、日々整理整頓しながら明るくアットホームな空間づくりがされている様子が伺える。

教室


PAGE TOP
 
 
経営をお考えの方へ
定年はありません!50代からの教育ビジネス

■塾頭の声 Dr.関塾が私を変えました!

■合格体験記 関塾で学んだ生徒対の喜びの声が続々!

■スタッフ紹介 生徒が集まる、成績が上がる!

著名人の方々に教育や経営をテーマにインタビュー

資料請求
今ならホームページから資料請求いただいた方に特典をご用意させていただいております。
0120-78-4119
関塾のシステム
未経験者が関塾を経営できる7つのサポート
他業種にない塾経営のメリット
Dr.関塾の特色
Dr.関塾の経営のシステム
教室開設スケジュール
塾経営を成功させるための市場調査レポート請求
関塾 お気軽にお問合せ下さい!(受付時間10:00〜19:00) フリーダイヤル 0120-78-4119 
 
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町3-4-30 船場グランドビル六階
TEL:06-6243-0877(代) FAX:06-6241-8458
Home会社案内沿革と歴史営業所一覧カタログ請求
相談・お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ